作業療法士の専門領域は大きく分けて身障系と精神障害系があります。

もちろん発達障害や高齢期、地域や就労、行政、研究、教員といった分野もあります。

急性期・回復期・維持生活期、医療・介護・障害という分け方もあれば、脳血管障害や、手の外科、認知症など疾患障害名別の専門分野をあげることもできます。

ゆずりは作業所は開設6年目

ゆずりは作業所は開設して6年目になります。

現在10名の作業療法士が在籍しておりますが、退職者も含めたOT数は調べたら合計17名でした(次の仕事が見つかるまで1、2か月だけという短期間在籍者も含みます)。

その17名の前職ですが、
身体障害系が9名、精神障害系が7名、新卒が1名でした。

両分野経験されている方もいましたが、あえていえばこちらの分野かなと振り分けました。
ほか、訪問OT2名、教員3名、発達障害や介護保険施設経験のOTもいます。

当作業所利用者さんの障害像も幅広いですが、OTのキャリアもさまざまで、偏りがないです。

ただ、前職が就労支援メインという方はいませんでした。

きっと就労支援をバリバリしようと思われるOTは就労移行支援事業所に行くのでしょうかね?