先日お伝えしたヒョウ柄の短下肢装具、シューホーンといえば白ないし肌色、あるいは黒と思うのは昭和的発想でしょうか?
(今は色鉛筆やクレヨンも肌色ではなく「うすだいだい」色ですし)
今月から通い始めた利用者さんは以下の写真のような柄でした。