就労継続支援B型事業所ガイド(関西版)なるサイトがあり、そこからのリンクで当ウェブサイトにたどり着く方があるようです。ウェブサイトを開設されている方はご存知でしょうが、どのような検索ワードでサイトにやってきたのか、どのサイトからリンクしてたどり着いたのか、閲覧数がどのくらいあったのか、などの情報が分かります。
リファラ」という用語があり、ユーザーがサイトにたどり着いたときに利用したリンク元のページの情報です。 例えば、あるユーザーがページA内にあるリンクをクリックしてページBに訪れた場合、ページBから見てリファラはページAということになります。

このリファラですが、ときどき「就労継続支援B型事業所ガイド(関西版)」というサイトのことがあります。
以前、このページを見て見学に来てくれた就労移行事業所もありました。
このサイト、公的な機関が運営されているわけではないようで、サイト下部に小さく個人が情報を集めて作成した、とあります。

ウェブサイトをアップしていない事業所も少なくないので、「ホームページがある」というのがこのガイドの前提なのかもしれませんが、取り上げていただき、ありがたいことです。深謝いたします。