先日、日本メディカル福祉専門学校社会福祉士通信課にゲストスピーカーとして呼ばれ、相談援助実習受け入れ側としてお話してきました。老若男女60名近くの学生さんが集まっていたのですが、お昼過ぎの講義にも関わらず、誰一人ウトウトする方がおらず、皆さん熱心に聞いてらっしゃいました。

いろいろなところで講義した経験はありますが、寝てしまう、気になる私語、スマホいじり、座席にて携帯電話で話し始める強者も…。年齢は若い方もそうでない方も、あまり受講態度には差がないように思いました(もちろん講義する私の話力不足も否めません)。今回、90分という時間で、3名のスピーカー(卒業生MSW、昨年度実習を終えた先輩学生と私)が30分ずつ話すという構成もよかったのでしょう。

身になる実習となり、無事ご卒業、国家試験合格されることを祈っています。