野菜が高騰していますね

スーパーでキャベツが一玉498円しました

そんなときに便利なのが「とうみょう」という野菜です

とうみょうは中国から渡ってきたエンドウの若菜を言い、収穫される量も時期も限られるため、中国では一部の高貴な人やお正月などの特別なときにしか口に出来な
い希少品であったとのことです。

日本に豆苗が登場するのは1970年代以降とのこと。1995年頃から、植物工場で豆を発芽させた状態の豆苗が栽培されるようになる
と、年間通して安定生産が可能となり、一般野菜として家庭にも浸透するようになったようです。特に2008年のリーマンショック以降、豆苗の需要は急速に伸びてい
るみたいです

キャベツ498円のなか豆苗は98円というリーズナブルな価格帯主婦の強い見方ですね

また栄養価にも注目

豆苗は、βカロテンを100g当たり4700μgと豊富に含む。これはホウレンソウ100g当たりのβ-カロテン量4200μgの約
1.119倍に相当する。その他にもビタミンEやビタミンK、葉酸やビタミンCも豊富で、β-カロテンを含めたこれらの栄養成分は一般的な緑色葉物野菜の
含有量を上回るとのことです

しかもしかも

CIMG6669

一度切ってしまった豆苗はまた水につけておくだけで食べられる

1週間付けておくとこのような感じになりました

CIMG6683

安い、うまい、栄養価が高い、再収穫できる

野菜が高騰している今、食べたことがない方は是非お試しください